独学と通学講座は、こんな受験生におすすめ!

通信講座の特徴資格試験の勉強法には「独学」「通学講座」「通信講座」の3つの方法があり、宅建試験の勉強法については「通信講座」との相性が特に良いわけですが、受験生の性格や学習環境等によっては、その他の勉強法の方が良いケースもあります。
このページでは、「独学」「通学講座」それぞれの特徴について、今一度確認しておきたいと思います。

●独学
独学は、市販の教材を使って、まさに独力で試験合格を目指す勉強法です。
この「独力で」という部分は、実際の学習だけにとどまりません。最初のページでも少し触れたとおり、教材選びに始まり、試験日までの学習計画の作成や試験情報の収集などに至るまで、すべて自分で行わなければならないことは頭に留めておくべきです。

一方で、今回初めて宅建試験に臨む初学者にとっては大きな負担になることは間違いありませんが、逆に宅建試験の受験経験者なら一度経験して勝手もわかっているため、そこまで負担にはならないという見方も可能です。すなわち、宅建試験の受験経験者は通学講座や通信講座を受講せずに、あえて独学で宅建試験に挑戦するという選択肢もアリだと思います。

ただし、これまでに通学講座や通信講座の類を受講したことがなく、独学で挑戦して宅建試験に失敗している人は注意が必要です。そうした人は、そもそも独学との相性が良くない可能性もあるため、たとえ受験経験者でも独学ではなく、通学講座や通信講座を選択することをおすすめします。

●通学講座
いわゆる資格の学校に通い、受験指導のプロの力を借りて試験合格を目指す勉強法です。
最初のページで、「いつでもどこでも手軽に学習できる」点が、通学講座にはない通信講座の魅力だと述べましたが、そのぶん、ある程度のセルフコントロール力が求められるのも事実です。その点、通学講座は学校に通いさえすれば、あとは座って講師の講義を聴くだけで良いので、特別な自己管理等は必要としません。そのため、「通学講座は、意志の弱い人におすすめ」といった言われ方がよくされます。

また、学校では多くの受験仲間と出会うこともできるでしょう。互いに疑問点を教え合ったり、モチベーションが下がる時期には励まし合ったりといった関係性を築くことも可能です。自宅学習が中心の通信講座には望むことのできないメリットになりますので、こうした点を重視する受験生もやはり、通学講座を選ぶと良いでしょう。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト