通信講座の「受講生フォロー」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「受講生フォロー」の観点から述べてみたいと思います。

独学と通信講座の決定的な違いとして、「受講生フォロー」の有無も挙げないわけにはいきません。どちらも自宅学習が中心ではあるのですが、方や頼れるのは自分だけ、方や困ったことがあれば相談できる。特に宅建試験に初めて挑戦する初学者にとっては、この違いはとても大きいと言えます。

たとえば独学の場合には、テキストを読んでいてわからないことがあったとしても、自力で疑問点を解消しなければなりません。それに対して、通信講座には質問サービスがありますので、わからないことがあれば、それを利用して疑問点を解消することができます。
また、学習上の疑問点ばかりでなく、受験勉強の悩みの相談にも乗ってくれるので、モチベーションの維持・管理という面でも、「受講生フォロー」の有無というのはとても大きな意味を持ってきます。

さらに、法律科目には法改正がつきものですが、独学の場合には、その情報を自ら収集しなくてはなりません。その点、通信講座でしたら、試験前に法改正情報をまとめて知らせてくれるので手間もかかりませんし、何より見落とす心配もなく安心です。
法改正への対応の出来・不出来は試験結果に当然影響してきますので、「受講生フォロー」というのは単なるメンタル面のサポートではなく、まさに合否を分けるサービスと言っても過言ではないでしょう。

単純に「受講生フォロー」の手厚さだけで言えば、通学講座は通信講座のさらに上を行きます。学校には、受講生のための自習室などが完備されていますし、また専任のスタッフも常駐しています。

通学講座の受講生ならば、それらは無料で利用することができるわけですが、実際のところは、そのぶんの料金は受講料に加算されています。一般的には、通信講座の受講料の2~3倍というのが、通学講座の受講料の相場となっています。

たとえ高い受講料を支払ったとしても手厚いサービスを受けたいと考えるか、それともリーズナブルな受講料で必要最低限のサービスを受けたいと考えるか。このあたりは、まさに好みの問題になってくるかと思いますので、どちらが良いとは一概には言えません。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト