月別アーカイブ: 2014年9月

通信講座は宅建試験に向いている

「独学はちょっと無理かな…」「通学する経済的余裕がない」。そんな人におすすめしたいのが、通信講座。
宅建の通信講座は、通学ほど費用がかからず、自分が勉強できる時間に自分のペースで勉強できることが最大のメリットです。
通勤途中やお昼休みなど、こま切れの時間を使って勉強することも可能です。

昨今の通信講座は、至れり尽くせり!テキストや問題集のクオリティが高く、CDやDVDといった教材で講義を受けられるため、「よし、頑張ろう!」という気持ちになれます。もちろん、最新の受験情報も送付され、質問にもメール等で回答してくれます。通信講座によって模擬試験もあるため、自分の実力をチェックすることも可能です。

ただし、気をつけたいのは、通信講座は独学同様、「自習」が基本になること。仕事が多忙なことを理由に「今日は疲れたから明日やろう」とサボっていると、挫折することになりかねません。まずは、各通信講座に資料請求を行い、講師やテキスト、教材、質問へのフォロー体制などを比較検討してみましょう。

■通信講座のメリット
勉強したい時間帯に自分のペースで勉強できる
通学に比べて費用が割安になる
クオリティの高いテキストを用意してくれる
CDやDVDといった教材で講義を受けられる
最新の受験情報が送付される
質問のフォロー体制が整っている
学習スケジュールが決まっている

■通信講座のデメリット
独学より費用がかかる
自習がメインなので挫折してしまうこともある
受験仲間ができない

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通学は合格率が高い!?

宅建試験は独学でも合格可能な試験ですが、通学の場合、どんなメリットがあるのでしょうか?
まず、挙げられることは、なんといっても合格率がグンと高くなること。プロの講師が効率の良いカリキュラムで講義をしてくれるため、理解度が高まり、最短の時間での合格が可能です。

目の前に講師がいるので、すぐに疑問点を質問できることも通学のメリット。独学の場合、疑問点はインターネットなどを使って調べるしか方法がありませんが、通学は講義後に直接、講師に質問することができます。
また、共通の目標を持った友人や仲間ができやすく、お互い切磋琢磨したり、情報交換をしたりできるメリットもあります。通学の場合、定期的に同じ時間に通うため、勉強する習慣をつけることもできます。

ただし、注意も必要です。通学の場合、講師やテキストの優れた学校を選ばないと、「せっかく高い授業料を払ったのに…」ということになりかねません。講師が人気講師でもテキストのクオリティが低いと、理解度が高まりません。通学しているだけで安心してしまい、復習がおろそかになる場合もあります。

通学を選択する場合は、まず無料体験講座に参加して、実際の授業の雰囲気を確かめましょう。授業が良くても、雰囲気が苦手だったり、自分に合わないと感じた場合は避けたほうが無難です。

通学は、経済的な余裕があり、自宅や会社の通勤経路に学校がある人におすすめ。
学校の宣伝に惑わされず、自分で足を運んで、学校のレベルを見極めましょう。

■通学のメリット
プロの講師から学べる
疑問点は講師にすぐに質問できる
テキストや問題集を自分で選ぶ必要がない
同じ目標を持つ友人、仲間ができる
計画的に学習できる
自分の理解度が把握できる

■通学のデメリット
独学、通信講座より多額な費用がかかる
通学に時間がかかり、交通費もかかる。
残業が発生した場合、その日は通えない
自分の感性に合った学校でないと挫折しやすい

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト