カテゴリー別アーカイブ: 通信講座の魅力

通信講座は宅建試験に向いている

「独学はちょっと無理かな…」「通学する経済的余裕がない」。そんな人におすすめしたいのが、通信講座。
宅建の通信講座は、通学ほど費用がかからず、自分が勉強できる時間に自分のペースで勉強できることが最大のメリットです。
通勤途中やお昼休みなど、こま切れの時間を使って勉強することも可能です。

昨今の通信講座は、至れり尽くせり!テキストや問題集のクオリティが高く、CDやDVDといった教材で講義を受けられるため、「よし、頑張ろう!」という気持ちになれます。もちろん、最新の受験情報も送付され、質問にもメール等で回答してくれます。通信講座によって模擬試験もあるため、自分の実力をチェックすることも可能です。

ただし、気をつけたいのは、通信講座は独学同様、「自習」が基本になること。仕事が多忙なことを理由に「今日は疲れたから明日やろう」とサボっていると、挫折することになりかねません。まずは、各通信講座に資料請求を行い、講師やテキスト、教材、質問へのフォロー体制などを比較検討してみましょう。

■通信講座のメリット
勉強したい時間帯に自分のペースで勉強できる
通学に比べて費用が割安になる
クオリティの高いテキストを用意してくれる
CDやDVDといった教材で講義を受けられる
最新の受験情報が送付される
質問のフォロー体制が整っている
学習スケジュールが決まっている

■通信講座のデメリット
独学より費用がかかる
自習がメインなので挫折してしまうこともある
受験仲間ができない

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通信講座の「受講生フォロー」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「受講生フォロー」の観点から述べてみたいと思います。

独学と通信講座の決定的な違いとして、「受講生フォロー」の有無も挙げないわけにはいきません。どちらも自宅学習が中心ではあるのですが、方や頼れるのは自分だけ、方や困ったことがあれば相談できる。特に宅建試験に初めて挑戦する初学者にとっては、この違いはとても大きいと言えます。

たとえば独学の場合には、テキストを読んでいてわからないことがあったとしても、自力で疑問点を解消しなければなりません。それに対して、通信講座には質問サービスがありますので、わからないことがあれば、それを利用して疑問点を解消することができます。
また、学習上の疑問点ばかりでなく、受験勉強の悩みの相談にも乗ってくれるので、モチベーションの維持・管理という面でも、「受講生フォロー」の有無というのはとても大きな意味を持ってきます。

さらに、法律科目には法改正がつきものですが、独学の場合には、その情報を自ら収集しなくてはなりません。その点、通信講座でしたら、試験前に法改正情報をまとめて知らせてくれるので手間もかかりませんし、何より見落とす心配もなく安心です。
法改正への対応の出来・不出来は試験結果に当然影響してきますので、「受講生フォロー」というのは単なるメンタル面のサポートではなく、まさに合否を分けるサービスと言っても過言ではないでしょう。

単純に「受講生フォロー」の手厚さだけで言えば、通学講座は通信講座のさらに上を行きます。学校には、受講生のための自習室などが完備されていますし、また専任のスタッフも常駐しています。

通学講座の受講生ならば、それらは無料で利用することができるわけですが、実際のところは、そのぶんの料金は受講料に加算されています。一般的には、通信講座の受講料の2~3倍というのが、通学講座の受講料の相場となっています。

たとえ高い受講料を支払ったとしても手厚いサービスを受けたいと考えるか、それともリーズナブルな受講料で必要最低限のサービスを受けたいと考えるか。このあたりは、まさに好みの問題になってくるかと思いますので、どちらが良いとは一概には言えません。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通信講座の「講義」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「講義」の観点から述べてみたいと思います。

資格の学校のなかには、メインとなる通学講座のほかに「DVD通信」「Web通信」といった形で通信講座を手がけているところもあります。通学講座の場合には教室によって担当する講師が異なるため、講義(サービス)の質にバラツキが生じるといったデメリットがありましたが、通信講座にはそれがないため、受講生の立場からすれば等しくハイレベルの講義(サービス)を受けることができます。

ところで、意外と見過ごされがちなのですが、上記のような資格の学校が手がける通信講座と、通信教育会社が本業で行っている通信講座は似ているようでいて、実はまったくの別物だということを、みなさんはご存知でしょうか?

資格の学校が通学講座と並行して行っている通信講座(以下、兼業型の通信講座)は、通学講座の講義の模様を録画してDVD化しています。それに対して通信教育会社の通信講座(以下、専業型の通信講座)は、通信講座のためだけに講義を行い、それを撮影してDVD化しています。

「教室での講義をそのまま録画した兼業型の通信講座の方がライブ感があって良さそう」。
確かにライブ感はあるかもしれませんが、一方で、受講生が立てる物音(咳払い、携帯電話の着信音など)までも入ってしまっています。広い教室で耳にするぶんには気にならなくても、ヘッドフォンを着けて視聴する通信講座では、そうした物音はかなり耳障りなはずです。

それ以外にも、兼業型の通信講座には以下のようなデメリットがあります。
 ●講師が板書をしている間、無駄な時間が発生する。
 ●受講生を前にして話をするため、繰り返しの説明や雑談なども交わされる。
 ●講師の目線はカメラ目線ではなく、受講生に向けられる。

これに対して専業型の通信講座、そのなかでも専用のスタジオで撮影している通信講座は、スタジオ内に受講生がいるわけではないので余計な物音が入らないのはもちろん、講師の目線も常にカメラ目線。これによって受講生は、教室での講義を後ろから覗き見る感覚ではなく、マンツーマン指導を受けている感覚で、宅建講座を受講することができます。
加えて板書についても、あらかじめ用意されているので無駄な時間は発生しないし、さらに電子黒板を使用している講座だと、手書きよりも見やすいというメリットもあります。

以上のことから、通信講座で宅建試験に挑戦するのなら、兼業型よりも専業型の通信講座の方が断然良いと言えるでしょう。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通信講座の「講師」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「講師」の観点から述べてみたいと思います。

全国規模で通学講座を展開している受験指導校の大手ともなると、宅建講座だけでも何十人もの講師を抱えていることが珍しくありません。そして、地域・曜日・時間帯に応じて各講師をそれぞれの教室に割り振っているわけです。

ちなみに、何十人もの講師をどのように集めているかというと、独立・開業している宅建主任者からの売り込みもありますが、逆に宅建講座の卒業生(合格者)に募集をかけるケースもあります。つまり講師のなかには、宅建主任者としての実務経験が豊富な人もいれば、そうでない人もいる。また、指導歴何十年といったベテラン講師がいる一方で、宅建試験に合格して間もない新人講師もいるわけです。

もちろん、「ベテランだから良い」「新人だから悪い」とは一概には言えません。逆に、宅建試験に合格したばかりの人の方が受験生の気持ちがよくわかり、適切な指導ができるといったこともあるかもしれません。ただひとつ言えるのは、講師によって個性や実力の違いは当然ありますので、受験生の立場からすると、受講する教室によって受けられる講義(サービス)の品質にバラツキがあるということです。

翻って、通信講座の講師はどうでしょうか?
通信講座も複数名の講師を抱えていることがありますが、講義メディア用の講義を担当するのは、決まってその講座のエース級の講師です。

通学講座のなかにも、名物講師と呼ばれる人がいますが、その講師の講座を受講しようと思ったら、教室も曜日も時間帯も、その講師の側に合せなくてはありません。自分は関東に住んでいるのに、その講師は関西の教室でしか講義を担当していないといったケースもあるかもしれません。

しかし、通信講座なら誰もが等しく、その講座のエース級の講師の講義を聴くことができるわけです。しかも事前に収録しているわけですから、たとえば講師のコンディションに左右されることなく、常に一定の質の講義(サービス)を受けることができる点も通信講座の魅力のひとつです。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通信講座の「テキスト」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「テキスト」の観点から述べてみたいと思います。

宅建試験の出題範囲は以下の7分野と定められています。
 ①土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
 ②土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
 ③土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
 ④宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
 ⑤宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
 ⑥宅地及び建物の価格の評定に関すること。
 ⑦宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

出題範囲、すなわち学習する内容は同じなのだから、テキストも基本的にはどれも同じと考えてしまいがちですが、それは大きな間違いです。むしろ、テキストにこそ勉強法ごとの違いが表われると言っても過言ではありません。

まず、独学で使用する市販のテキストと通信講座のテキストの最大の違いはボリュームです。一般的に、市販のテキストの方が収録内容が多く、分厚い傾向にあります。

これには2つ理由があって、1つめの理由は、独学には講義がないため。つまり、通信講座であれば講師が一言二言コメントすれば済むことを、市販のテキストではすべて文章で説明しなければならないぶん、テキストのボリュームはどうしても増えてしまいます。

そして2つめの理由は、市販のテキストは出題範囲のすべてを網羅する傾向にあるため。「テキストなんだから、出題範囲のすべてを網羅するのは当たり前」と思われる方もいるかもしれませんが、通信講座のテキストはそうはなっていません。というのも通信講座では、宅建試験を徹底的に研究することで、頻出可能性の高い箇所に絞ったテキストづくりをしているからです。どちらのテキストの方が効率良く学習できるかは、改めて言うまでもありませんよね?

一方、通学講座と通信講座のテキストについては、通学か通信かで違うというよりも、講座によって違うといった適切でしょう。
図表やイラストの多寡、モノクロ印刷かカラー印刷か、ページのレイアウトの仕方などは講座によって全然異なります。どういったテキストを読みやすいと感じるかは、ある程度個人差もあると思うので、ホームページでサンプルを確認するなどして、自分に合ったテキストを使用している講座を選ぶと良いでしょう。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト

通信講座の「カリキュラム」の魅力とは?

宅建試験ともっとも相性の良い勉強法である「通信講座」の魅力について、
ここでは「カリキュラム」の観点から述べてみたいと思います。

通信講座のなかには、講義メディアが付いている講座もあれば付いていない講座もあります。「付いていない講座」を指して、「講義がなければ独学と同じ」という声を聞くことがありますが、それは必ずしも正しくありません。

確かに、講義メディアが付いている講座と比べて学習効果の点では劣るかもしれませんが、それでも、独学に勝るメリットをそなえているのもまた事実。それは何かというと、「カリキュラム」です。

宅建試験に合格するために必要な総学習時間は約300時間と言われています。しかし、これは「300時間勉強すれば必ず受かる」という意味ではなく、「試験範囲を最短コースで勉強したとしても最低でも300時間はかかる」という意味です。

通学講座や通信講座のカリキュラムというのはまさしく、この「最短コース」を進むための学習の道しるべであるわけですが、独学にはそれはありません。そのため、独学で勉強した場合、300時間では学習範囲を終えることができず、400時間も500時間もかかってしまうことも珍しくありません。

たとえ講義が付かなかったとしても、カリキュラムのある通信講座と、カリキュラムのない独学とでは、学習効率の点で大きな違いがあることがまずはおわかりいただけるかと思います。

次に、通学講座と通信講座を比べてみましょう。
通学講座と通信講座のカリキュラムでもっとも大きな違いは、開始時期の有無です。すなわち、通学講座の場合は開講月が決められていますが、通信講座の場合には思い立ったときに、いつでもすぐに学習を始めることができます。

また、通学講座のカリキュラムは通信講座に比べて緻密(過密)です。これは一見メリットのように思えますが、欠席してしまった際のリカバリーが難しいといったデメリットもあります。振替講義を受講する前に、次の単元の講義日を迎えてしまったときなどには、学習の順序が前後してしまい、それをきっかけにして学習のペースが乱れたなんて話も、通学講座の失敗談としてよく聞きます。

であれば、一応のカリキュラムはあるものの、そのなかである程度自由に時間を使うことのできる通信講座の方が、とりわけ社会人受験生の多い宅建試験には合っていると言えると思います。

>>宅建合格率ナンバー1! 通信講座フォーサイト